【全米チャート】2020年、上半期にヒットしたアルバムをざっくりまとめてみる

昨日のシングルに続き…


 

2020年上半期、ビルボードアルバムチャート(Billboard200)でヒットした作品を10枚まとめてみました。正確な数字に基づいたものではないので、ご参考までにどうぞ…

まずは、昨年9月にリリースしたポストマローン(Post Malone)の3rdアルバム『Hollywood’s Bleeding』。2019年の年間チャートでは9位にランクインしましたが、年をまたいだ5月現在もTOP10に居座り続ける驚異的なロングヒットを記録してます。シングルは「Sunflower」と「Circles」が1位、「Wow」が2位、「Goodbye」が3位ともはや向かうところ敵ナシ状態。テイラースウィフトみたく、日本でも過大評価すべくアーティスト(なんだけど…)

続いては、新生ラッパー=ロディリッチ(Roddy Ricch)のデビュー作『Please Excuse Me for Being Antisocial』。昨年末に初の首位を獲得して、1月、2月と非連続ながら計4週のNo,1をマークしました。ヒット要因は、上半期もっとも売れた(であろう)「The Box」の大ヒットを受けてのもの。DJマスタードをフィーチャーした「High Fashion」も20位まで上昇中です。

年末から年始にかけて、2週連続で首位を獲得したハリースタイルズ(Harry Styles)の『Fine Line』も、上半期を代表する1枚です。アルバムからは、「Adore You」が自身初のTOP10入り(6位)を果たしました。シングル以外の曲も相当クオリティ高く、ローリングストーンズ誌やNMEでも高評価を得ております。

2019年の年間1位に輝いた、ビリーアイリッシュ(Billie Eilish)の『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は、発売から1年以上経った今もTOP20から下にランクダウンしていないという、マイケルの『Thriller』(1982年)を彷彿させる大記録を達成。1月末に開催されたグラミー賞では主要部門を制覇し、2月にはその効果で再びTOP10入りしました。

リルウージーヴァート(Lil Uzi Vert)の『Eternal Atake』も強かったです。リリース1週間後に14曲を追加したデラックス盤をリリースして、ストリーミングを稼ぎまくるというなかなか姑息な戦略(?)が吉と出たようで。ヒット曲不在ながらも2週連続の1位、2週連続の20万ユニット超えという記録を打ち出しました。

その戦略に乗っかってチャートを荒らしたのが、ザ・ウィークエンドの『After Hours』。「Blinding Lights」の大ヒットも(もちろん)ありますが、初登場から4週連続で首位に居座ったもうひとつの理由が、新曲3タイトルを追加したデラックス盤と、シングルのリミックスを加えたEPの後付けです。コロナ禍の中リリースしたっていうのも、ある意味戦略、かな。

この“デラックス盤”による戦術を後に実行したのが、リルベイビー(Lil Baby)の『My Turn』。リリースから2か月後の5月初頭に6曲を追加したデラックスエディションを発表し、TOP3復帰を果たしたばかりです。ストリーミングの強いラッパーには有利な昨今のチャートに、異論を唱えるマニアも多い…

前作ほどのブーム、大ヒットには至らなかったものの、DVD&ブルーレイの発売や、自粛期間中に配信がブレイクした効果もあり、『アナと雪の女王2』のサントラ盤も大健闘しました。何やでディズニーは強い!反面、続編をヒットさせる難しさを学びました。映画も音楽もよかったけど…(ね)

カントリー界からは、昨年11月に自身初のNo.1を獲得したルークコムズ(Luke Combs)の『What You See Is What You Get』が最も売れました。昨年と集計割れしてしまったのが残念ではありますが、5月末時点で12位と上位をキープし続けてます。カントリーシンガーにしては珍しく、ストリーミングを稼げるのが強み。デビュー作『This One’s For You』は、3年前のリリースながら今もTOP20にランクインしております。

最後の1枚は「ひいき目にみて」という個人的主観が(若干)含まれてます。モンスターヒットとなった前作『Purpose』(2015年)ほどのインパクトには至らずも、20万ユニットを突破して初登場1位を記録。2月のリリース以降TOP20はキープしてるし、「Intentions」もヒットしてるしってことで、最後の1枚はジャスティンビーバーの『Changes』を…

前述にもあるように、正確なユニット数を調査しての10枚ではありません。昨年の年間チャート予想では、この超アバウトな推し当てでことごとくハズしてます(え)


 

まあ、それも含めてお楽しみください(?)というかこれ、何のサイトだっけ?

東京都新宿区西新宿7-1-7
新宿ダイカンプラザA館 617号室
新宿駅西口3分
TEL:070-1569-7523
営業時間:10:00~23:00(時間外の施術はご相談ください)
ホームページ
インスタグラム
ツイッター
フェイスブック
女性の方は姉妹店「NADIA」をどうぞ!
友だち追加

コチラもどうぞ!

  1. 気になる曲はいつも…で見つけた

  2. 「あなたのNo,1になったアーティスト」がまさかの…

  3. 2019年全米年間シングルチャート予想

  4. セレーナゴメスの新曲はiPhone11 proでミュージック…

  5. 【全米チャート】2020年間シングルチャート予想

  6. ジョナス・ブラザーズが新曲「サッカー」で全米1位復帰…カモ?…

  1. 2020.11.18

    無印の「エイジングケア目元用美容オイル」でシワをカバーす…

  2. 2020.11.17

    【貧乏舌の悲報】高野フルーツパーラーのケーキをはじめて頂…

  3. 2020.11.16

    12月は楽天ペイのお支払いで最大10%還元

  4. 2020.11.15

    【全米チャート】2020年間アルバムチャート予想

  5. 2020.11.14

    【全米チャート】2020年間シングルチャート予想

  1. 2019.04.17

    【ブラジリアンワックス】長さはどのくらい必要?

  2. 2019.03.20

    ブラジリアンワックスをお客様目線で見た場合

  3. 2019.02.25

    パイパン男性が銭湯やサウナに入った時の反応…

  4. 2019.01.19

    ブラジリアンワックスが「どのくらい痛いのか」について

  5. 2018.09.19

    「VIO脱毛ってアソコを見られるんですよね?」恥ずかしい…

  1. 2019.07.27

    【ワックス脱毛】ご予約の際にご確認いただきたい事項

  2. 2019.04.10

    「顔のワックス脱毛」ってどんな感じでしょう?

  3. 2019.04.04

    衛生管理と消毒法、感染症予防について

  4. 2019.03.15

    【メンズネイルケア+指毛脱毛】はじめました

  5. 2019.03.10

    ヒゲのワックス脱毛について