2019年全米年間アルバムチャート予想

11月も残すところ10日(とちょっと)となりました。


 

5月末に上半期のヒットをざっくりまとめてみましたが、今回は年間チャート予想です。

以前も綴りましたが、ビルボードチャート(全米チャート)は前年の12月~同年11月末までが、その年の集計期間です。今年は2018年12月1日~2019年11月30日までが集計期間となります。

本日発表されたのが11月23日付チャート。つまり、次週11月30日付チャートで今年の集計期間が終了します。あと1週で巻き返すほどの威力をもつ新譜もリリースされていないので…

(頼まれてないけど)ざっくり10作、選んでみましょう。

年間1位と予想しているのが、ビリーアイリッシュのデビュー盤『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』。4月に首位デビューした後、計3週の1位をマークしてから現在まで、約7か月TOP10に居座り続けております。

アルバムからは、8月に「Bad Guy」がシングルチャートで1位を記録し、アルバムのユニット数も200万を突破。来たる2020年1月開催のグラミー賞でも、「新人賞」含め主要部門をかっさらいそうな予感満載です。たしかに、このインパクトは“類稀なる”って感じ…

2位かどうかは定かでないものの、TOP3は(ほぼ)確実ではないかと予想しているのが、アリアナグランデの『thank u, next』。2月にNo,1をマークして以降、こちらも上半期間上位をキープし続けました。

アルバムからは、タイトル曲と「7 rings」が1位、「break up with your girlfriend, i’m bored」が2位にランクイン。音もキャラも黒さを全面に出した戦略(なのか?)が吉と出て、アリアナ最大のヒットとなりました。チャーリーズエンジェルのコラボはズっこけたけど…(ね)

R&Bシンガー、カリードの『Free Spirit』も強かったです。R&Bシンガーと謳っているものの、楽曲はポップ寄りのアプローチも多々見受けられ、世代・ジャンルを超えてヒットしたのも納得の出来栄えです。

先行シングル「Better」が8位、「Talk」が最高3位まで上昇し、アルバムのユニット数に貢献しました。本作には収録されていないですが、ベニーブランコ&ホールジーとコラボした「Eastside」もTOP10入りし、今年は大活躍だったカリード。来日時にみせたコミカルなキャラも愛らしかった~

予想外のヒットとなった(?)のが、ア・ブギー・ウィット・ダ・フーディの『Hoodie SZN』。21サヴェージに阻まれ初登場は2位だったものの、巻き返しの首位獲得を果たし1月19~26日付の2週間トップを維持しました。

昨年末(12/21)にリリースされた本作、集計期間に強豪のリリースがなかったというタイミングの良さも、ヒットした要因ではないか…と、分析しております。シングル「Look Back at It」のプロモーション効果も大きかったかな。

昨年末にリリースされた作品では、ミークミルの『Championships』もヒットしました。初動20万ユニットを突破して、2ndアルバム『Dreams Worth More Than Money』(2015年)以来4年ぶりの首位を獲得。「ミークミルって未だこんなに人気なの?」って、疑心にかられましたが…人気のようです。

ロングヒットに至った最大の理由は、ディスり合いが続いたドレイクとのコラボ曲「Going Bad」です。シングル曲としては自己最高位となる6位まで上昇し、アルバムの総ユニット数も100万を突破しました。一方のニッキーミナージュ(元カノ)は諸々不発で引退宣言と、まさに逆転劇…(なのか?)

クリスブラウンの『Indigo』も、年間TOP10入りが期待できそうな“久々の”大ヒットとなりました。2枚組の大ボリュームで視聴回数(ストリーミング)を稼いだ…という、若干戦略勝ち的な要素もありますが、曲数が多くても売れないアルバムは売れない。

本作が大ヒットしたのも、ドレイク効果です。ミークミルとは違う理由(主にはリアーナ)で対立関係にあった両者ですが、大ヒットした先行シングル「No Guidance」では、そのリアーナを巡ってのアレコレを2人でネタにして、視聴者を沸かせました。そういえばリアーナも、ブランド活動に疲れたようで休止宣言をしたばかり…

そのリアーナ他、アーティストからも大絶賛されているリゾの『Cuz I Love You』も、2019年を代表する一枚です。最高位は4位どまりでしたが、初登場した4月から約半年間、上位にしぶとくランクインし続けております。

通算7週の1位をマークした「Truth Hurts」の大ヒットと、各アワードでのパフォーマンス効果などが彼女の知名度を高め、今やニッキー、カーディBを超える(?)フィーメールラッパーの頂点に立っております。といっても、「ラッパー」にはカテゴライズし難い曲もたくさんありますが…

アワードといえば、AMAで過去の曲が歌えないとテイラースウィフトが大騒ぎ(?)しておりましたが。レーベルを移籍し8月に発表したアルバム『Lover』も、今年最大の初動ユニット数を記録して、下半期上位をキープしております。

本作からは、「ME」、「You Need to Calm Down」、「Lover」の3曲がTOP10入りしましたが、過去の作品と比較すると威力(というべきか)は弱まった感否めず。楽曲のクオリティは大差ないのに、権力に逆らったアーティストの仕打ちって恐ろしいなと実感いたしました…

テイラーが打ち出した86万ユニットに次ぐ、初動49万ユニットを記録してNo,1デビューを果たしたポストマローンの『Hollywood’s Bleeding』。9月に初登場して以降、3か月間TOP3にランクインしていて、1位は今年最長の通算5週をマークしております。

シングルは、テイラーを上回る4曲がTOP10入りしました。しかも、「Sunflower」が1位、「Wow」が2位、「Goobyes」が3位、現在上昇中の「Circles」が2位と、いずれもTOP3にランクイン。前作『Beerbongs & Bentleys』が絶頂かと思いきや、ポストマローンの躍進はまだ止まらなさそうです。

夏にリリースしたエドシーランの『No.6 Collaborations Project』は、オリジナルアルバムではなく、アーティストを厳選したコラボレーションプロジェクト。2017年最大のヒットを記録した『÷』ほどのインパクトは残せなかったものの、TOP10入りはかたいと思われます。

中でも、最高2位を記録したジャスティンビーバーとのコラボ曲「I Don’t Care」は、アルバムの核として重要な役割を果たしました。入れ替わって、カリードをフューチャーした「Beautiful People」が最新チャートで上昇中。その他もジャンルの枠を超えた“エド節”全開の傑作揃いです。

リリースは昨年の10月で、前年と集計割れしておりますが、2月に開催されたアカデミー賞効果で3月に返り咲き、通算4週目の首位獲得を果たした『A Star Is Born (アリー/スター誕生)』も、上位有力候補。

サントラ盤が全米チャートで4週以上1位を獲得するのは、まもなく2が公開される『アナと雪の女王』以来、5年ぶりなんだそう。個人的には映画も音楽も好みではなかったけど、ガガさんの見事な復帰劇となり、メデタシメデタシ…

こうして長々綴ってはみたものの、ビルボードチャートは毎年「え~そっちの方が上なの?」という大どんでん返しがあります。あくまで個人の予想ということで「ご参考までに」という予防線(?)を張っておきます。

アルバム予想に続き、明日はシングルチャートの予想です。もはや「脱毛サロンのブログ」という趣旨は一切考慮されておりません(え~)

東京都新宿区西新宿7-1-7
新宿ダイカンプラザA館 617号室
新宿駅西口3分
TEL:070-1569-7523
営業時間:10:00~23:00(時間外の施術はご相談ください)
ホームページ
インスタグラム
ツイッター
フェイスブック
女性の方は姉妹店「NADIA」をどうぞ!
友だち追加

コチラもどうぞ!

  1. 2020年間チャート答え合わせ編

  2. カントリー歌手のケニーチェズニーがドレイクを破る

  3. ダフトパンクの影響力は凄い

  4. ゴールデングローブ賞で『ボヘミアン・ラプソディ』が作品賞を受…

  5. ヒット曲でみる日本人とアメリカ人の価値観の違い

  6. ブリちゃんの活動休止が泣ける

  1. 2021.05.03

    5月12日以降のご予約につきまして

  2. 2021.04.27

    緊急事態宣言による臨時休業のお知らせ

  3. 2021.04.14

    新宿の街が変わりつつある…

  4. 2021.04.13

    見えないところのケアはとても難しい

  5. 2021.04.12

    【お土産にオススメ】NEWYORK PERFECT CH…

  1. 2019.04.17

    【ブラジリアンワックス】長さはどのくらい必要?

  2. 2019.03.20

    ブラジリアンワックスをお客様目線で見た場合

  3. 2019.02.25

    パイパン男性が銭湯やサウナに入った時の反応…

  4. 2019.01.19

    ブラジリアンワックスが「どのくらい痛いのか」について

  5. 2018.09.19

    「VIO脱毛ってアソコを見られるんですよね?」恥ずかしい…

  1. 2019.07.27

    【ワックス脱毛】ご予約の際にご確認いただきたい事項

  2. 2019.04.10

    「顔のワックス脱毛」ってどんな感じでしょう?

  3. 2019.04.04

    衛生管理と消毒法、感染症予防について

  4. 2019.03.15

    【メンズネイルケア+指毛脱毛】はじめました

  5. 2019.03.10

    ヒゲのワックス脱毛について